青二才ブログ

22歳の青二才が体験したことや、考えたことをアウトプットするためのブログです!

事後処理よりも事前処理。

歯医者に通い続けて、早10年以上が経過した。
矯正するために変えたことを含めて、3件目の歯医者に通っている。
そこは、普通の治療だけではなく、虫歯などを予防する予防医学にも力を入れているのだが、本当に良い歯医者は予防する大切さを教えてくれるところだと思う。
ビジネス的には、予防せずに治療だけ行う方が儲かるのかもしれないが、それでは根本的に改善にはつながらない。
患者目線に立てる歯医者だからこそ、できる予防医学である。

これは、どの仕事にでも言える。
仕事において、問題の対処能力に優れていて、どんな問題も解決してしまう人が一番優れてるのかと言えば、そうではない。
一番優れているのは、問題が発生してから対処する人ではなく、問題にすらしない人である。
周りから見ると、問題になってから対処して解決する方が仕事ができるように見える。見えてしまうからこそ問題なのだが、本当に出来る人は問題にすることが少ないので、淡々と仕事をしているように見える。仕事で目立つことも少ないかもしれない。
ただ優秀なのは、圧倒的に後者。

大きな問題になる前に、ミスや不具合を見つける管理体制がしっかりしている人こそ本当に仕事ができる人なのである。
それを意識してこれから取り組んでいく。

ではまた。