青二才ブログ

22歳の青二才が体験したことや、考えたことをアウトプットするためのブログです!

タバコのポイ捨てが気になったので、30km歩いて調査してみた[前編]

 

どうも!

 

最近、散歩にハマりました。

歩いている時に色々な考えが浮かんでくるのが楽しくて、ほぼ毎日散歩しています。

散歩のコースはそこらへんをブラブラ歩いているだけなのですが、散歩するたびに気になることがあります。

 

それは、ポイ捨てされたゴミの多さです。

「空き缶、ペットボトル」など大きいモノから

「タバコの吸い殻」など小さいモノまでたくさん捨てられてました。

 

そこでいつもの走っているランニングコースをゴミ拾いしてみたら、おびただしいほどのゴミが......!

 

こんなにゴミが落ちてました。

後から聞いた話では、この日は地域のゴミ拾いイベントがあったそうです。

ゴミ拾いされているのに、この量がポイ捨てされているなんて恐ろしい。

f:id:keitport:20170605143126p:plain

 

こんな悲しい事実を知ったわけですが、こんな疑問も浮かんできました。

 

自分の住んでいる地域がポイ捨てが多いだけ?

 

確かにゴミが多かったけど、ランニングコースがたまたまゴミが多かっただけで、他の地域はゴミが少ない可能性もありますよね?

 

そんな小さな疑問でも気になったら、調査してみるしかない。

このモヤモヤした疑問が解消すべく調査をしてみることに。

 

とりあえず、距離を伸ばしてゴミ拾いしてみました。

 

ランニングコースは3km。

その10倍の30kmならば、信頼できるサンプルになる。

統計学も詳しくないですが、そう思って30kmゴミ拾いの旅に出ました。

ちょうど僕の通っている大学が30km先にあり、目的地を大学にして

 

30kmゴミ拾い行脚スタートです!

 

 

 

スタート〜3km

その30kmゴミ拾い行脚する日は、30度を超える真夏日でした(笑)

なんで5月に真夏日になるん。と嘆きながらも、暑くて熱中症にならないように、対策を立てました。

 

・30kmは歩くだけでも6時間半かかる

・重い荷物は持たない

・できるだけ軽装で歩く

 

この条件を考慮して、ゴミ拾いをするために拾うものを限定し、タバコだけ拾うことにしました!

タバコはポイ捨てする方も多く、気になっていたので…。

 

そうやってスタートしました!

 

しかし、僕はスタートして3kmで早くも後悔しました。

タバコの吸殻を160本も拾ったからです。

 

160本拾ったということは、160回腰をかがめて拾うんですよ。

真夏日に歩きながら、腰をかがめる作業は思った以上に辛かったです。

ポイ捨てする時は何も考えずに捨てているかもしれません。

しかし、拾ってくれる人のことを考える必要があると改めて実感した瞬間でした。

 

3km〜10km

ここら辺になってくると、「ランナーズハイ」ならぬ「ゴミ拾いハイ」になってきました。

いつも車で通学している道を歩いている。という行動を楽しめるようになってきて、風景の写真を撮る余裕まで出てきました。

 

建物の上に家がある謎の建築物を発見しました。

※これはカントリーエレベーターのサイロという施設らしいです

 

こんな田園風景が存在する素敵な田舎町に住んでます。

 

10km〜20km

 田園風景を見ながら黙々とゴミ拾いすることに飽き、写真を撮ることで30kmも歩く辛さから現実逃避しました。

その写真がこちらです。

 

鳥が飛び立つ瞬間がよく撮れているでしょ〜?

 

 もう歩いている意味が分からなくなります。

暑い中ゴミ拾いしながら、30km歩こうと思った自分を殴りたい。

行き違う人みんなに変な目で見られるし、暑すぎてつらいです。

 

そもそも、真夏日に30kmゴミ拾いしようとした人頭おかしいでしょ()

 

 

道中に写真撮りすぎて、この記事の目的忘れてきました。

写真を披露(ひろう)することだっけ。

ゴミ拾いにかけて少し上手いことを言った自分を褒めたたえながら、次に進みます。

 

20km〜25km

やっとゴールが見え始めたことで、疲労(ひろう)が隠せなくなってきた僕はどんどん頭がおかしくなってきました。

 

 

変なツイートしかしてません。

 

自分でもツイートした記憶あやふやです。

 

改めてフォルダを見返してみると、なんで撮ったのか自分でも分からない写真ばかりでした。

道にポツンと片方のサンダルが落ちていただけで面白いと思えるくらい疲れてたみたいです。

周りを見渡してみても、もう一足は見つからなかったので、一足落としたことに気づかずに帰ったのでしょうか?

 

 

サンダル無くされた方がいらっしゃいましたら、落ちていた場所をお教えするので、コメントください。

 

 

25km〜ゴール

もうここまで来れば、ゴール近くてゴミ拾い自体が楽しくなってきます。

タバコの吸殻落ちていたら、むしろよっしゃ!って感じです。

タバコの箱なんか落ちていたら、スキップで取りに行きます。

目的が履き違えている気がしますが、嫌々拾うよりは良いはずです(笑)

 

吸殻の本数は、多すぎて数えなくなります。

350本までは数えていたのですが、もうそこからは数える元気はありませんでした。

 

そうやって自分を甘やかしながら、歩き続けること7時間弱!

ゴールしました!

 

 

 

証拠としてゴミの画像も上げておきます。

 

 

ゴミ拾い結果

タバコの吸殻400〜500本(途中から数えてない)

タバコの箱31個

 

驚くべき結果です。

タバコが多いだろうと予想してゴミ拾いを始めたわけですが、まさか400本以上とは・・・。

仮に450本とした場合、1kmにつき15本は落ちている計算です。

多くの人がタバコを捨て続けた結果、30kmで400本以上のゴミがポイ捨てされたわけです。

ゴミ拾いの時に、「smoking kills」と書かれたTシャツを着ていますが、場所を選べばタバコ自体には肯定派です。しかし、ポイ捨てには気をつけましょう。

タバコの吸殻を見るたびに、喫煙者の印象を下げることに繋がると思うので......。

 

中編へ

 

こうしてなんとかゴミ拾い行脚を終えた私ですが、途中からどこのブランドのタバコが多いのか気になったので、調査しました。

次回、中編で調査結果をまとめます。

 

 

 

 

 

個人的に匂いが優しい電子タバコの方が普及してもらいたいので、リンク貼っておきますね。

 

話題の電子タバコなら、【eRollスターターキットスペシャル】初心者が始めやすい、全てが揃うセットです。 煙が多い爆煙仕様!便利な本体2本入り!今ならお試しリキッドプレゼント!

 

今日のツイート

 

今日も覗きに来てくれてありがとうございます。今日のツイートのように面白く変化するまで頑張ってみます。ではまた!